どのお医者さんが行っているの?

うつ病治療は精神科?神経科?心療内科?神経内科?

うつ病は、心の病です。まるでやる気が起きなくなったり、死にたくなったりして、場合によっては自殺を促してしまうような、危険性のある病気でもあります。しかし、あくまでそれは病気ですので、医療機関を受診して薬をもらうなどの対処をしてもらうことで、症状を抑えることができます。

しかし、うつ病の時には何かを受診すればいいのか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そしてそれに拍車をかけるかのように、心の病を見てくれそうな医療機関の科目が、たくさんあります。代表的なものが、精神科、神経科、心療内科、神経内科でしょう。さらに、精神神経科を標榜している医療機関もあります。では一体、うつ病の時はどの診療科目を標榜している医療機関へ行けばよいのでしょうか?

精神科、神経科、精神神経科、心療内科ならばほぼOK

結論からご説明すると、うつ病治療は、精神科、神経科、精神神経科、心療内科でしたら、ほぼOKです。
実は、精神科と神経科、また、精神神経科は、同じものです。これらは心の病を扱う医療機関ですので、うつ病もその対象となります。
心療内科は、胃潰瘍やぜんそくなど、心理的な要因で体に異常が出る病を扱っているところですが、うつ病にも体の症状が多く現れるため、うつ病治療をおこなっているところもたくさんあります。
一方、神経内科は、パーキンソン病や脳梗塞など、心の病気ではなく、物理的な脳や神経の病気を扱う医療機関です。ただし、うつ病治療をしている場合もあります。

なお、最近はメンタルヘルス科を標榜している医療機関もありますし、その医療機関に連絡をしてうつ病治療をしているかどうかを尋ねるのが、もっとも間違いがないでしょう。